マカは目にもいい

マカは、実は目にとってもいいってこと、知っていますか? それではまず、肝心の目について話したいと思います。私たちは普段から、目でものをみています。目は光を受け、脳に信号を送ることでものを見ています。この信号を送るものはロドプシンといわれます。しかし、このロドプシンは、加齢や目の酷使によって減少してしまい、目が悪くなってきてしまいます。こんなとき、アントシアニンを摂取すると、ロドプシンは再生されるというんです!アントシアニンがあると、ロドプシンはけっこう急速に再生するため、目のリフレッシュには最適です。現代の社会人は、仕事上でパソコンを使用したり、携帯やスマホがかなり普及するので、液晶をみて過ごすかたが多いと思います。そんな、現代人のストレスばかりがどんどんたまっていく目には、マカは本当に素晴らしい癒しになると思います。仕事の途中に、ゲームの途中に、勉強の途中にマカを上手に取り入れて、普段気をつける身体だけではなく、目までリフレッシュさせてあげるようにしませんか?マカは目だけではなく、身体中いろいろなところにとてもよく効くので、マカは使っても絶対に損をしないと思います!あなたもマカ、使い始めてみませんか?市販されているマカは粉末や粒などさまざまですが、その中でもマカの粉末は特におすすめです。

マカのさまざまな言い伝え

マカは、南米アンデス地方の標高4500m以上のボンボン高原で受け継がれ、栽培されるアブラナ科の植物です。葉っぱはチリチリと縮れているような形で、茎は5センチと短く、根は円筒形で色は白色、黄色、紫、白っぽいピンク、黒色などさまざまな色のものがあります。マカは、強壮剤や精力剤、また疲労回復などを目的として古来より用いられてきました。マカは古くから、王侯貴族の貴重な食品とされてきました。兵士たちの間では強精食としても珍重されてきました。戦いのあとには、功績のあった人や権威をみとめられた部族にマカが与えられたといわれています。最近では、生殖能力の機能性に関して注目されており、不妊症の改善に対して、男性だけでなく女性にも利用されています。インカ帝国の時代には、特権階級の食べ物として考えられ、戦いのあとの戦士の褒章として使われたという言い伝えが残っています。スペイン人がインカ帝国に侵入したとき、インカ人は菜食主義でありながら屈強の戦士たちで、新しい武器を持つスペイン軍を苦しませたと伝えられていますが、当時のインカ人は栄養豊富なマカを常食していたからではないかと考えられています。

Ads by Sitemix